そうだ!卒婚しよう!

 この前美容院に行ったときに、何気なく読んでいたアラフィー雑誌「eclat(エクラ)」の中に『卒婚』に関する記事があった。『卒婚』という言葉は聞いたことはあったものの、よく知らなかったので興味深く読んだ。

 ちなみに『卒婚』を知らない方に紹介すると、離婚はせず法的には夫婦のままで、夫も妻も相手に振り回されず自立した自由な生活を送ることを『卒婚』と言うらしい。

「卒婚」とは、2004年に教育ジャーナリストである杉山由美子氏が、その著書『卒婚のススメ』で使用した造語です。
婚姻している夫婦が互いに必要以上に干渉することなく、自由を認め合って、最低限のルールを守り、ゆるやかなパートナーシップを築いていくという新しい夫婦の形を表しています。

卒婚とは?離婚との違いや卒婚をする理由ときっかけまで詳しく紹介|アディーレ法律事務所池袋本店

 別居・家庭内別居を選択せずとも、昔ながらの”夫婦”という役割をリセットした状態は『卒婚』と言っていいらしい。

 ここで私はハッとしたのだが、私の夫の考える『結婚』は、最初から卒婚夫婦のような関係だった気がする。そもそも結婚してから知ったが夫の両親はずっと半別居だったので、それしか知らない夫にとっては当然なのかもしれない。逆に私の実家の家族は、個人の境界線が全くない濃密家族。家族と共依存をしながら生きてきた私にとって、結婚してからというもの夫があまりにも私の生活に無関心なので孤独で孤独で仕方がなかった。

 でも『卒婚』という言葉とその意味を知り、そういう夫婦が多いとわかった今、私も堂々と『卒婚』して自分の人生を生きようと思う。うちの場合夫は最初から卒婚状態なので、双方の同意などいらない。私が一方的に心の中で宣言するだけで卒婚成立である。なんだかワクワクしてきたぞ。 

楽天ブックス
¥1,540 (2024/04/19 13:35時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コメント

テキストのコピーはできません。